Hot Entry
WEBで行動プロセスを立てる

WEBとインターネットとサイバー攻撃の激化

WEBで行動プロセスを立てる
WEBでのインターネットの利用では最近のサイバー攻撃の激化や高度化の話題が増えているように思いますが、インターネット関係の話題では、ほとんどがセキュリティ関係の話題になってきているようにも思います。例えばOSや有名なソフトの中の脆弱性などでは、ファイルを開くだけで特定のソフトやOSにウイルスの侵入を許してしまい、パソコンが感染するということがあるという話題もありました。またサイバー攻撃では、日本でも標的型攻撃が一般化してきているということで、その被害も増えているということでした。それは企業ばかりではなく個人の、例えば投資をしている資産家の人たちで数千万円以上の資産がある人達も標的になっているという話もありました。

この場合には金融機関だけでなく投資している証券会社のサイトの偽装やウイルスの侵入で不正送金などの被害が起きているということですが、個人の資産家なども標的にされているということで、中小企業も含めて脆弱性があれば個人であろうが中小企業であろうが関係なくアタックされて被害に合うという戦国時代のような治安の国が、今の日本ということになります。やりたい放題という感じの草刈り場になっているのが日本の現状です。

注目情報

Copyright (C)2017WEBで行動プロセスを立てる.All rights reserved.