Hot Entry
WEBで行動プロセスを立てる

WEBメールを初めて知った時感動しました。

WEBで行動プロセスを立てる
私がWEBメールの存在を知ったのは二十年前です。1995年のことでした。当時は携帯電話は普及しておらず固定電話が主流の時代でした。私は神戸に住んでいますが北海道の人と電話で連絡を取るとものすごい電話代が掛かっていたのです。ところがメールで連絡を取ると接続料と接続の為の電話代だけで済んだのです。一通十数円と言う感じでした。すぐにブロードバンドが普及して接続費用が固定性になりメールはいくら送っても料金は同じになりました。その費用の安さに感激していました。その後携帯電話が普及してメールの費用の安さが目立たなくなりましたが、当時は画期的な安さでした。

当時にすっかりメールの便利さにはまったしまった私は今でもメールを使いまくっています。メールは相手が電話を取れない状態でも連絡を相手に伝えことができます。この部分がとっても便利なのです。それに会話ではまとめきれない話であってもメールならちゃんと整理して相手に伝えることができます。ただキーボードを使って打たないといけない一面がありますが、パソコンを二十年やっているとキーボードも簡単に打ち込むことができるようになっているので何の苦も感じなくなっています。WEBメールは将来的にも使い続けたいと思っています。

注目情報

Copyright (C)2017WEBで行動プロセスを立てる.All rights reserved.