Hot Entry
WEBで行動プロセスを立てる

WEBでのサイバー攻撃と組織

WEBで行動プロセスを立てる
WEBでのインターネットでのサイバー攻撃が日本でも特に多くなってきて、毎年右肩上がりに増えているということですが、そうなるとサイバー攻撃を仕掛けている人達がいることは間違いありません。では誰がサイバー攻撃をしているかということも調べられていて、個人ではなく主に組織的な犯行ですが、わかっているだけで世界中で数百の犯罪組織が関わっているそうで、国別では捕まっている人たちが話している言語からの推測ですが、その言語は中国語、スペイン系ポルトガル語、ロシア語だそうです。それらの言葉を使う犯罪組織が存在するということで国も推測できるということになります。具体的には中国大陸では20以上の組織があるそうですし、東欧やロシアでは30以上、またレベルが高くないのですが南米やアフリカにもあるそうです。

また国家が戦略的に行なっている国まであるそうで、相手が見えないので自分を隠しながらできるということで国家でも秘密裏に動きやすいということらしいです。また攻撃を受ける方では、やはりお金持ちの国と言われている国で、アメリカやドイツ、日本、英国やカナダなど幾つか集中しているような感じです。そして日本も最近は頻繁に攻撃されているということで、それらの犯罪組織に貢いでいるような感じになってしまっています。如何にセキュリティ対策が重要かがわかります。

Copyright (C)2017WEBで行動プロセスを立てる.All rights reserved.